受験生へ〜勉強の意義編〜

前回説明した通り受験勉強をする意味は何なのかについて僕なりに説明したいと思います。

よく、いい会社に就職するためにいい大学に行く!

とか、先生にこの大学に行っておけと言われた!とか。

正直言うとこのようなモチベーションだと大多数の人は

勉強に

耐えられません

じゃあ何をモチベーションにして勉強したらいいの?

という声が返ってきていますね。  

僕が考えていたことは4つあります。

結論から言うと

①受験は皆平等

②賢い人の気持ちがわかる

③将来後悔しないように

④何事にも全力を尽くす

 これらについて詳しく説明していきます。

まず①受験は皆平等です。

内申点が思ったよりも低い…

部活であいつよりいい成績出してるのにポジションを奪えない…など。

先生に嫌われてるのかな!?

って思う時ありません?

僕もこんなに頑張っているのになんで先生は評価してくれないんだ

と思うことたくさんありました!

でも受験は違う。

頑張ったらその分結果がついてくる。

この不平等な世の中で平等なのは受験くらいなのでは?

と考え、自分で責任を持つのはいいものでした!  

次に②賢い人の気持ちがわかるです。

頭いい人ってなんか好きになれないし…

俺みたいなバカなやつのことどうせ見下してるし…

って思ってました(笑)

だけど違った。

頭のいい人たちは元から頭がいいんじゃない。

努力してるから頭がいいんだということに気づきました。

つまり

視野が広くなる。

いろんな人の考えがわかるような深い人間になりたくはないですか?  

今日は①、②について話しました!

いかがでしたか?

もし続きが気になると言う方は

次の〜勉強の意義編part2〜で③、④について話します!  

勉強に疲れている人もぜひ息抜きとして見て見てください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする