「旅で世界をもっとステキに」

今回は、旅をテーマにした企業「TABIPPO」の学生スタッフをしている

岐阜聖徳学園大学4年生のえみりーさんにインタビューさせてもらいました!

TABIPPOとはどんな活動をしているのか

その中で学生がどんなことをしているのか

旅が大好きな学生必見です!

最後に、イベント等の紹介があるので最後までぜひ見てください!

それではスタートです!  

TABIPPOとはどんな活動をしているのか

ーTABIPPOとはそもそもどんな活動をしているのですか?  

「旅で世界をもっとステキに」を企業理念に

主にイベント事業、プロダクト事業、メディア事業、マーケティング事業、キャリア事業

を行っています。  

ー例えばどんな活動を?  

初めて留学をする学生の支援活動や

9月1日、2日に行われる旅+αをテーマにしたイベントを開催したりしています。

国内外の魅力を紹介しているホームページもあるのでぜひそちらも見ていただきたいです!  

学生スタッフの活動

ー学生スタッフはどんな活動をしているのですか?  

主にイベント事業を通じて若者に旅の魅力を伝えています!

全国9都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、高松、広島、福岡、沖縄)で

たくさんのスタッフが魅力を伝えていますよ!

各地で、「旅を学ぶ、旅から学ぶ」をテーマにした旅大学という

20人から30人規模のイベントを月に一度ペースで開催しています。

またBackpackFESTAという日本最大の学生向けの旅イベントも開催しています!  

ー旅大学には申し込みが必要なのですか?  

はい!専用のサイトから登録をしていただく必要があります。

たくさんのワクワクとドキドキが詰まった内容になっています。

ぜひホームページを見てほしいです!

TABIPPOとの出会い

ーえみりーさんのTABIPPOとの出会いとは何だったんですか?

初めは旅を一緒にできる友達が欲しかったのがきっかけですね。

そこからTABIPPO主催の世界一周コンテストに二年前に参加した時に

たくさんの人との出会い、刺激がありファンになってしまい

活動を始めてみようと思いました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする