誰かのためにしたい世界一周考えてみませんか?

こんにちは!

昨日はたくさんの人に僕の海外旅行記を読んでもらえて嬉しかったです。

え?

まだ読んでない?そんな方はぜひこの記事を読む前に見ていただけるとありがたいです。

今日は、前回にも言った通りTABIPPOさんが主催の自分の世界一周プランを語るイベントで

僕がどんなプランを計画したのか。

また、これを考えたことによって起きた

自分の中での小さな変化を聞いていただけたらなと思います。

それでは、今日も最後まで読んでいってください!

僕が考える世界一周
 
僕は、前回にも書いた通り初めて海外に行ったのは20歳になってから。
 
国も1か国しか行ったことない。
 
むしろ、日本が好きだから日本全国回りたい派の人間だった。

それでも、この大きな海の向こう側には自分の知らない世界がたくさんある。

テレビで見れば一緒じゃないかと思うかもしれない。

知識としては、テレビでもネットでもいいのかもしれない。

でも、体全体で感じる空気は、血となり肉となり自分の一部となる。

そんな経験を今までいくつしてきただろうか。

たかが1週間で考え方が変わることが今まであっただろうか。

僕は思った。

もしかしたら

誰かの人生を変えるような

時間になるかもしれない。

そんな大きな一歩を踏み出す後押しをしたい。

みんなが自ら海外に行きたいと思わせるようなエネルギーになりたい。

だからこそ、自分がもっと世界を感じて伝えたい。

僕を踏み台にして世界に羽ばたく人が増えてほしい。

とても大きなことを言っているかもしれない。

でも一人ずつでもいいから共感者が増え、踏み台が増えれば

世界は変わる

僕ひとりでは、絶対できない。

でも、絶対に世界は変えられる。

だからこそ、みんなの背中をポンと押しに

僕は、世界を駆け回りたい。

誰かのための世界一周を考える意義とは

僕は、誰かのための世界一周を考えることによって、

自分が将来なりたい人間像が明確に見えてくるのではないかなと思いました。

僕は、それまで将来の夢はぼんやりしていましたが、

誰かに影響を与える事の出来るエンターテイナーになりたい。

そんな夢がはっきりと見えてきました。

必ず、見えてくるはずです。

皆さんも一度考えてみませんか?

本日も、最後まで読んでくださりありがとうございました!

Twitter、Facebookフォローしていただければ嬉しいです!

ぜひ、下のボタンからお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする