僕が野球にできる恩返し 立命館大学 JOKER  久保田大樹

スポンサーリンク

なぜリーグを立ち上げようと思ったか

ーなぜ自分たちが主催となってリーグを立ち上げたのですか?

きっかけはやはり自分のチームで代表を経験している事が一番ですね。どうしても、練習試合を組むことが難しくサークル活動を活発にしていきたいにもかかわらず思うようにいかず悩んでいました。

そんな中で、他のチームの代表の方と話す機会がありました。そこでいつも話題にあがるのが練習試合を定期的に組むことが難しい。という悩みでした。そこで、自分たちのように新しいチームでなくても同じ悩みを抱えていることに気付きました。

そこで、リーグ戦という形で定期的に試合を行える環境を作ればみんなが楽しく野球に打ち込めるのではないかと思い立ち上げに至りました。

ー自分たちの悩みが、周りの悩みであることに気づき課題解決に一役買って出たわけですね!

そういっていただけるととてもかっこよく聞こえてしまうのですが、やはり一番は野球を純粋に楽しめる人を増やしたい。という思いが強いですね!

ー久保田さんの野球を愛する気持ちが思い切り伝わってきます!            ここからは、この大会に対する思いを聞いていきたいと思います。

万博リーグに対する思い

ーここからは、久保田さんがこの万博リーグに対する思いを聞いていこうと思います。まずは今後どのような大会にしていきたいですか?

まずは、やはり参加してくれたチームの皆様が野球を心から楽しんでもらうこと。そして、このリーグを通して、同じ大学で野球を続けているもの同士、大学を超えてつながりを持てたらいいなと思っています。

また一度きりで終えることなく、ここで繋がれた関係をこの大会を続けていくことによって自分たちよりももっと後の代につなげていきたいと思っています。

ーやはり自分たちの代で作り上げたものだからという責任感が?

そうですね。やはり自分たちで立ち上げたリーグである以上より多くの人が野球を楽しめる環境を作っていきたいですし、自分たちのサークルが長く愛されるためにも必要な活動だと思うのでより長く愛されるリーグにしていきたいです!

ー今回のこのリーグを通して久保田さん自身にはどんな変化が?

大きく分けると二つあって、一つは社交的になれたことですかね。元々、初対面の人や自分より目上の人と話すのが得意な方ではなかったのですが、今回を通して企業の方や参加チームの方、そして自分たちのチームと会話することが増えたのでその点は一つ成長できたと思います。

もう一つは、代表としての自覚ですね。やはり、リーグを立ち上げた意味としても、野球を楽しんでプレイできる環境を作りたいという思いから生まれたリーグなので、参加してくれるチームはもちろんなんですが、特にJOKERのみんなには楽しんでほしいと思っています。

久保田大樹にとっての野球とは

ー小学校から様々な形はあれど今まで続けている野球に対してどのような思いがあるのか教えてください!

やはり「感謝」という面が大きいですね。自分は、野球を通じて学んだことがそのまま自分の人生を形作ってくれたと思っています。何か一つの事を全力で取り組む大切さであったり、チームワークであったりと野球がなかったら今の自分はないと思っています。

ー今日お話しを聞かせてもらった中でチームメイトであったり仲間であったりと「人」とのつながりをとても大切にしているように見えます。

そうですね。人への感謝の気持ちは常にあります。特に野球でつながった仲間はいまでも関係が深いことが多いので野球というスポーツは不思議な力を持っている気がしますね(笑)

お知らせ

ー最後になりますが大会への熱い思いと、お知らせをお願いします!

今回、初めての開催となりますが参加してくれるチームが存分に野球を楽しめるリーグをみんなで作り上げていきたいと思います!

参加チーム枠もまだ残っていますので、ぜひ興味がある、お話聞いてみたい!というチームの関係者の方いらっしゃいましたらご連絡お待ちしています!

興味がある方はこちらから!

久保田さんのtwitterはこちら!

ーこれからの更なる発展に期待しています!今日はありがとうございました!

ありがとうございました!

まとめ

野球に対する熱い思い。

そして自らの力で環境を作り上げる行動力。

これからの久保田さんの活躍に期待しましょう!

久保田さんが所属している野球サークルJOKER そして、万博リーグの公式アカウントを載せておきますのでぜひ、みなさんで活動を応援しましょう!

JOKER公式instagram → @joker_rits_oic

J・S万博リーグ公式ツイッター → @JSJOKER1

SPOT LIGHTでは取材に協力してくださる人を募集しています!
興味がある、協力してみたいという方は
ぜひこちらmori12waka10@gmail.com
にご連絡してください!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする