立命館大学の感性入試の過去問から見る対策と解答例

僕ならこう答える。解答例

私が感じたことはこの舞子が、本物ではないということである。

舞子という職は普段昼間は白塗りをして街に出ることはない。白塗りをするのは夜だけなのである。車窓から判断できる通り、昼間であることは明白なためこの写真の人物はおそらく観光客が「舞子お試し体験」をしている女性客であると考えられる。

彼女は、車を降りるやいなや外国人観光客を中心にたくさんの人から写真撮影をせがまれることが予想される。その写真はSNS等にアップロードされ、「偽物」の舞子は瞬く間に世界に羽ばたく。この偽で塗り固められた日本文化を私自身がどう捉えているかを論じていく。

私は、この偽物の舞子が今後も増え続けることを大いに賛成する。なぜならば文化の継承はしきたりや慣習の色が強く世間一般には手の届かないものが多い。しかし、やはり観光資源と考えると大きな役割を担うことも間違いない。この両面を上手く対処してくれるのが偽物だと考えるのである。

この偽物がいることによって生まれるメリットは二つある。一つは先述した通り、観光資源の確保ができることである。これは、「国内の旅行客には舞子の恰好ができる」観光資源になり、海外客からは「京都に行けば舞子に会える」という2方面からのアプローチが可能になる。

もう一つは、伝統文化の継承を促すことである。舞子のような伝統的なものはそう簡単に後継者を創り出せるものではない。しかし、観光としての役割まで担ってしまったら板挟みになることは明白である。その点で、本物を創りだし続けるには大きなメリットを生む。

以上の2点から、この写真のような偽物の舞子が日本にあふれることは世界中が望むことだと考えられる。

どうだったでしょうか。

ポイントは、やはり

①写真から読み取れる情報を自分の知識やアイデアで人が考えなさそうなことを思い浮かべること。

②社会的問題や経済を想像でもいいから考えてみる。

③主観はアイデアだけにして、客観的な視点で論じる事。 ex)~と考えられる

ここを軸に時間内に書けるように練習していきましょう!

もっと見てみたい人はこちら

感性入試についてたくさんのご意見を頂いていています。 特に質問が多いのが「もっと解答例が見たい」とのことでしたのであと一週間に控えた入...

必ず道は開けると思います!

参考写真:立命館大学入試情報サイト https://ritsnet.ritsumei.jp/admission/archive/general.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 安福 より:

    感性入試の問題のことで質問です!
    文章を踏まえて書く問題のことです。
    これは要約する必要があるのでしょうか?
    またどのように関連づけて書けばいいのかがわかりません。
    もしよければアドバイスお願いします!

    • @3daysboys より:

      安福さん
      受験お疲れ様です。

      要約はいらない気がします。少なくとも僕は書いてません。